Loading

ATF/CVT/PSF交換

"ATF交換"
圧送式ATF(オートマチック・トランスミッション)交換、クリーニング可能なトルコン太郎機械導入!

◎トルコン太郎の特長
1. アタッチメントの併用でディーラーでも交換不可能な車両の圧送交換が可能に!
2. 3つのモニターにより、新油 / ミッション内部のオイル / 抜き取り油 の状態が一目でわかります。
3. 新油注入と廃油回収が独自の別ホース設計のためゴミやスラッジが新油にまざらない。
4. オイル内に浮遊しているスラッジ除去が可能なため過走行車でもリスクを最小限に交換が可能。
5. 圧送交換が不可能な車種は従来の循環方式での交換も可能になります。

ATFとは自動車のAT(オートマチック・トランスミッション)車のギヤに使われるオイル。自動車にとても大切な働きをしていて、ギヤを制御する作用・潤滑作業・冷却作用とさまざまな役割に利用されています。
ATFを交換する場合、今までの循環方式ではATFを交換しても汚れを取りきることは難しい作業でありました。
しかし圧送式を採用することで、ATFを新油に近い状態にすることができるようになりました。

圧送式で交換することで、今までよりスピーディなATF交換が可能になりました。
さらにオイルフィルターが見やすい箇所についており、汚れが一目でわかります。廃油モニターを見ると、徐々にきれいになっているのがわかるため、「きれいになったかどうかの不安」ということはありません。

また、オートマチック内部のスラッチなどのクリーニングもできるので、過走行車のオートマオイルの交換もできます。

ATFの交換目安は20,000~30,000kmです。
これをメンテナンスせずに放っておくと下記のようなことが起こります。

◇加速が鈍くなる
◇燃費が悪くなる
◇変速ショックが大きくなる
◇変速のタイミングが遅くなる
◇オートマチックミッションの寿命が短くなる
◇燃費が悪くなります
最悪の場合、ATFが壊れて、何十万というお金が掛かってしまいます。オイルは2万キロを目安に交換が必要になります。

フィールでは次回の交換時期をハガキにてお知らせをしております。まだ一度もオイルを交換したことがこの機会に交換してみては如何でしか?ご来店をお待ちしております!
※その他、ミッションオイル、デフオイル等交換も可能です。

オイルパン洗浄・ストレーナー交換

一度も交換、洗浄をしていなければ4万キロ走行、過走行車におすすめ致します。過走行車のATF/CVTオイル交換をすることで内部の汚れスラッジが舞い上がりトラブルにつながることを防ぐために行います。AT/CVTミッションは内部の摩耗により金属粉やスラッジが発生しオイルパンの底に堆積していきます。
この汚れはトルコン太郎を使っても取り除くことはできませんので、分解して物理的に取り除く必要があります。

FeelでのATF交換、ミッションオイル交換、デフオイル交換の作業内容をご紹介いたします。
一部のみとなります、下記からはFeelスタッフブログから引用の内容となります。

 

 

NOTE e-POWERニスモATF(デフオイル) 交換🔧

e-POWERはエンジンにて発電、100%モーター駆動の為変速機はありません。
ですが、デフはありますのでオイルは必要になります。
使用オイルはATFを使用していましたのでニューテックNC-65を選んで頂きましたが。
ちなみに走行距離は

 

 

 

 

 

 

ですがこの汚れ方でした。

 

 

 

 

 

 

マグネットドレーンにもたくさんの鉄粉が吸着しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

BMW f20 圧送ATF、デフオイルの交換🔧

こちらのお車は圧送交換する為に専用アタッチメントを作成
圧送交換にて作業開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのお車も20,000キロに満たない距離ですが…

 

 

 

 

 

 

このような汚れ具合です。
一気に全容量プラスアルファの量にて交換致しました。
圧送交換することにより交換効率が上がります。また、交換に必要なオイル量も少なくてすみます。(汚れ具合によって必要なオイル量は変わります)

 

 

デフオイルもこのように汚れていました。

 

 

 

 

試乗させて頂きまして、やはり伝達効率が上がっております。フィーリングも滑らかに。
ニューテックNC-65
全化学合成ATF(エステル系)ATFの中では熱に強く最強クラスの油膜性能ローフリクション・ハイパフォーマンス。

ブログ記事カテゴリー

ブログ記事アーカイブ

facebook

PAGE TOP