Loading

高性能オイル交換!

"エンジンオイル交換"

MOTUL、ニューテック、オイル正規取扱い店
エンジン内部の部品の潤滑や冷却作用など、人間の血液のように重要な役割を担っているのがエンジンオイル。

エンジンオイルの交換は最近いつされましたか?しばらくしていない方は要注意です!エンジンオイルが劣化するとエンジンオイルの目的が果たせなくなります。エンジンに負荷がかかり、傷めてしまうことになります。

エンジンは金属でできています。エンジンは金属の部分同士が激しく高温で動いています。

エンジンオイルは、金属同士の動きを円滑にすることと、温度を下げる目的があり、エンジンを摩擦と熱から守っています。逆に言えば、エンジンオイルはエンジンのダメージを替りに受けていることになります。
高速で激しく動く摩擦と熱をエンジンオイルが吸収しているといって間違いではありません。
実際、エンジン内部の摩擦によって出る不純物や金属粉をエンジンが吸収しています。
従って、エンジンオイルは非常に過酷な状況で働いているため、走行するごとに劣化が進んでいくのです。
車種やエンジンの特性、使用状況などさまざまな要素でエンジンオイルの交換時期は異なってきます。

フィールではお客様のお車の使用状況をお聞きして、次回エンジンオイル交換時期をハガキでお知らせをさせて頂いています。この機会にフィールで高性能エンジンオイルを交換してみては如何ですか?ご来店をお待ちしております!

 

 

"オートマオイル交換"
圧送式ATF(オートマオイル)交換、クリーニング可能なトルコン太郎機械導入!

ATFとは自動車のAT(オートマチック)車のギヤに使われるオイル。
自動車にとても大切な働きをしていて、ギヤを制御する作用・潤滑作業・冷却作用とさまざまな役割に利用されています。
ATFを交換する場合、今までの循環方式ではATFを交換しても汚れを取りきることは難しい作業でありました。
しかし圧送式を採用することで、ATFを新油に近い状態にすることができるようになりました。

圧送式で交換することで、今までよりスピーディなATF交換が可能になりました。
さらにオイルフィルターが見やすい箇所についており、汚れが一目でわかります。廃油モニターを見ると、徐々にきれいになっているのがわかるため、「きれいになったかどうかの不安」ということはありません。

また、オートマチック内部のスラッチなどのクリーニングもできるので、過走行車のオートマオイルの交換もできます。

ATFの交換目安は20,000~30,000kmです。
これをメンテナンスせずに放っておくと下記のようなことが起こります。


◇加速が鈍くなる

◇燃費が悪くなる
◇変速ショックが大きくなる
◇変速のタイミングが遅くなる
◇オートマチックミッションの寿命が短くなる
◇燃費が悪くなります

最悪の場合、ATFが壊れて、何十万というお金が掛かってしまいます。オイルは2万キロを目安に交換が必要になります。フィールでは次回の交換時期をハガキにてお知らせをしております。まだ一度もオイルを交換したことがこの機会に交換してみては如何でしか?ご来店をお待ちしております!
※その他、ミッションオイル、デフオイル、ブレーキオイル等交換も可能です。

フィールのスタッフブログ関連記事
ATFチェンジャー
ミッションオイル交換
作業紹介①
作業紹介➁
レクサスGS350ATF、デフオイルの交換

 

 

facebook

PAGE TOP